クラスTシャツを作ろう!

体育祭で活躍!クラスTシャツの格好いいアレンジ方法

体育祭で活躍!クラスTシャツの格好いいアレンジ方法 学校で盛り上がるイベントの一つである体育祭ではクラスメイトみんなでクラスTシャツを着ることが多いようです。
みんなと同じクラスTシャツを着る場合は格好いいアレンジをしてオリジナル感をだしてみてはいかがでしょうか。
Tシャツのアレンジは難しく感じるかもしれませんが、特別な道具など使わなくても自分で簡単にできます。
例えばTシャツにカラースプレーをかけるとそれだけでかっこよくなります。
裾や袖をはさみで適当に切ってわざとほつれた感じを出すとおしゃれになります。
みんなでおそろいのキャラクターをデザインしてTシャツに印刷すると一体感が出るのでおすすめです。
Tシャツの上からスカーフを巻くと洗練された感じになります。
スタッズをつけてみるとハードでかっこよくなります。
体育祭なので当たったら痛くないよう、とがっていないスタッズをつけることをおすすめします。
クラスTシャツはアレンジ次第で同じTシャツとは思えないような変身をするので盛り上がること間違いなしですよ。

クラスTシャツの背ネームで個性を出そう!

夏休みも終了し、2学期が始まると、様々な楽しい行事が待っていますね。
体育祭や文化祭など、とくにワクワクする行事なのではないでしょうか?そんな行事でクラスTシャツを作ると、盛り上がるうえに、クラスの団結力を高めることに一役買いますよ。
クラスTシャツとは、背ネーム部分にクラスでお揃いの文字や絵を描いたTシャツのことを言います。
このクラスTシャツでおすすめなのは、クラス全員の名前を書いた物です。
全員の名前が書いてあることで、一体感を出すことが出来ます。
あだ名で名前を書いても楽しいですね。
また、卒業した後もそのTシャツを見るたび、友人の名前を目に出来るので、久々の再会の時に、クラスメイトの名前を忘れてしまったなんて失敗も防ぐことができますよ。
もちろん、クラスTシャツは、クラスでなくても部活動やクラブでも作成することができます。
最後に注意点ですが、全員の名前を背ネームに入れる際には、担任の先生や顧問の先生の名前も入れてあげてくださいね。